てんかん治療にラメズは安全?危険?

ラメズは抗てんかん薬のひとつで、ラモトリギンを主成分とする先発薬のジェネリック医薬品です。
てんかんは脳の神経が過剰な電気信号を発する病気ですが、ラメズは神経の興奮を抑えて発作を予防します。また、かつて躁うつ病と呼ばれていた双極性障害を改善する効果もあります。
ジェネリック医薬品は先発薬と成分が同じで、原則として効き目も変わりませんが、特許料を支払わなくてよいため価格が安くなっています。
法律で特許が早く切れるインドなどでは、ジェネリック医薬品が盛んに製造されています。ラメズもインドの製薬会社の製品ですが、製造工場は国際機関の認証を受けており、決して危ない薬ではありません。
ただし日本では先発薬の特許が切れていないため、正式にラメズの処方を受けることはできません。
したがって入手するには、個人輸入サイトなどを利用するしかありません。医師の処方によらないで使用すると、副作用などが心配だという方も多いでしょう。ラメズの副作用としては、第一に皮膚障害が考えられます。
皮膚や粘膜がただれたり、発疹ができたりしたときは、ただちに使用を中止しなければなりません。ほかには頭痛、めまい、眠気などの副作用も比較的多く見られます。
一般に抗てんかん薬は、飲みはじめの時期に副作用が現れやすいとされているので、最初は有効成分の含有量が少ない錠剤を服用し、徐々に増やしていくことが大切です。
抗てんかん薬は長期間飲み続けなければならないので、安価なジェネリック医薬品は助けになるでしょう。また他人に知られずに治療したいという方もいるかもしれません。
そのようなときラメズは有効な選択肢ですが、安全性が保証されてはいないことを知っておく必要があります。

ラミズの安全性とてんかん治療効果

てんかん薬のラメズは、発作症状を予防したり、躁うつ病の症状を解決する目的でも使われます。
ラメズは、90年にアイルランドで誕生した比較的新しい薬ですが、既に各国で処方されている実績があります。
副作用は、意識が薄ぼんやりとする症状、発疹やめまいが一般的な問題です。
発疹は、身体症状の一種なので、意識に影響を与える心配はなく安全です。
また、めまいや意識症状に関しては、運転を避ける等の注意は必要ですが、てんかん症状よりは安全性が高くなります。
一方でラメズの治療効果は、体に合えば十分発揮されるので、飲み易い形状と相まっててんかん患者から選ばれています。
ラメズの利点は、新薬の特許が切れた後発品である事から、ジェネリックとして安く入手出来る事が特徴です。
更には、元となった薬の問題や弱点が克服されているので、ラメズの方が総合的な利点は増えています。
飲み方は元の薬と同じなので、服用薬を途中からラメズに切り替えても、普段と同じく飲み続ける事が出来ます。
治療効果を得る為には、ラメズを止めずに飲み続ける事が必要です。
しかし、価格が低く抑えられているので、薬代の負担を減らせる事が後発品の魅力です。
高い効果とリスクのある副作用、効果も副作用も低いといった事がないので、バランスに優れた実用性があります。
ラメズ最大の特徴は、総合的なバランスが良く、治療効果と安全性も同時に確保されている点が優れます。
体に合う事や効き目の強さ等は、薬である限り個人差が発生する事は当然です。
ただ、薬代が高く感じられたり、副作用が気になっている場合は、乗り換えて試す価値のある薬です。
副作用は明確なので、その点にだけ注意を行えば、普段の生活を改善する事が出来ます。

ラミズの副作用と服用の注意事項

ラメズとは、ラミクタールと呼ばれる抗てんかん、および双極性障害に対して気分の安定を促すために処方される薬のジェネリック医薬品です。
作用としては、抗けいれん作用があり、他の薬に比べてもけいれんを抑える働きが強いことで知られています。
作用機序としては、他の抗てんかん薬と同じく、Naチャネルの抑制によって神経膜を安定させる事でグルタミン酸などの興奮性神経伝達物質が遊離する事を防ぐことで生じると考えられています。
なお、双極性障害の気分安定薬の効果を示す機序は明らかになっていませんが、基本的に伝達物質の制限などから来る副次的な効果ではないかと推測されています。
この効果によって他の薬剤ではコントロール出来ないてんかんの治療や、気分安定剤として双極性障害の再発を予防するために投与されます。
気分安定剤として使用した時も離脱症状などもなく、精神的な面ではコントロールしやすい薬となっています。そのようなラメズですが、非常に強い副作用の出現が起きる可能性があり、安易な使用は必ず避けなければなりません。その一つに重篤な皮膚障害があります。
皮膚症状の中でも最も危険とされるSJS症候群と呼ばれる皮膚や粘膜の過敏症の発症例があります。事実、2014年には国内だけで4人がこの症状によって亡くなっています。
一説によると医療機関から処方された量を超える形で服薬していたとされていますがそれでも死に至る危険がある薬であるという事は変わりありません。
特に、てんかん薬であればまだしも、気分安定剤として服用する場合過量摂取になりかねないので注意が必要です。仮にラメズを服用する場合は医師からの指導をかならず受けてからとする事が重要となります。
■ラメズと同じラミクタール類
ラミトール