精神病にラメズを用いたり食事に豆乳かんてんを加える

近年はてんかん発作を抱えている人が増えており、精神病を抱え躁状態とうつ状態を繰り返す人も増えてきています。このため、治療薬も数が増えてきており、ラメズもジェネリック医薬品として先発医薬品と同等の薬効がある薬として、てんかんや双極性障害などの精神病の治療に用いられています。

ラメズの有効成分が神経細胞であるニューロンの活動を抑制することで、てんかん発作などを起こす興奮状態を抑えてくれる働きがあります。他の薬で効果がいまいちな部分を補うために併用して使われることもある薬で、早期治療の効果が期待できる薬です。ジェネリック医薬品であるため、価格も買い求めやすくなっています。ラメズも副作用が起こる可能性はあって、食後に服用してから頭痛やめまい発疹などが出たときは注意するべきです。

精神病の時は薬のほかに食べ物でも工夫すると良く、豆乳かんてんは食べやすく色んな効果が来たできるものです。豆乳が女性ホルモンのエストロゲンに似ているため更年期障害などに良いとされていますし、脳の情報伝達物質を補い脳の活性化やボケ防止などが期待できます。かんてんは便秘の時などに効果が期待でき、精神的なストレスから便秘や下痢を繰り返してしまうようなときにも良い食べ物です。

豆乳かんてんはデザートとして子供から高齢者まで食べることができて、作り方も簡単で調理しやすい粉寒天などが売られていて、無調整豆乳を用いて適量を鍋に入れて火にかけ混ぜ合わせ、あとは冷やして完成です。好みで黒蜜やきな粉をかけて食べたり、カットしたフルーツをのせて食べるなど色んなバリエーションが楽しめるため飽きずに続けられます。

服用している薬の効果を打ち消してしまう心配が感じるときには、医師と相談してから豆乳かんてんを食べるようにすると良いです。